読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

高校の時の、英語の先生がやたら薦めていた。村上春樹の新作が発売になって、そんなことがあったことを思い出して購入。ちなみに「1Q84」は読んでないです。。。

海外の小説は、なんとなくとっつきにくくて苦手なんですが、新訳ということもあってか、意外と読みやすかったなあ。そして自分にとって、新鮮な感じ。発表された当時の人と、現代の人と、やっぱりとらえ方が違うと思うけれど、単純に面白かった、と思う。感情移入は難しかったけれど。危機感の範囲が狭いんだなよなあー私。長いけれど、もう一回読んでみたいと思います。