読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。

君の名は。」を土曜日に観に行った。映画サービスデー!

大学のときの友だちのグループLINEで、「いまさらだけど見ていない人ー!」という声がけがあって、すかさず手を挙げた。ここまで話題になると、見ておかないとという気分になっていたのです。ちなみに「シン・ゴジラ」まだ観てません。

多少なりともつっこみどころはあるんですが、絵もきれいだし、話にスピード感はあるし、単純に楽しめました。中学生や高校生の頃、自分という存在が良くも悪くも不確定な時期に観たら、すごくぐっとくるのだろうなー。その感覚は、当時は不安感として邪魔に感じていたかもしれないけど、いま思えば尊いものだったのかも。失ったから言えるんだろうけど。

復活

10月です。前に更新してからほぼ1年経ってしまった。秋になると書きたくなるのかな。なんとなく。

先週は珍しく飲み会続きで、でも会いたい人に会えて、また、あまり話したことない人とも過ごすことができてよかった。体力的にはきついけど…。お酒は好きだけど、翌日の朝の気分を考えると躊躇してしまう。前よりお酒に弱くなったなあ。でもこの日記自体、10代のころ書いた文が残っていて、時を感じるよ。。。

金曜日は、男性と食事をしたのだけれど、最初の方からなんだか苦痛で、話は合うのに噛み合わない、という状態ってあるんだなあーーーーなんてぼんやり思いながら耐えていたけど、途中、ポケットからするりと私のiPhoneが落ちて、あわてて拾うと画面に見事なヒビが入っていて、「これはもうだめだ」と思った。いままで携帯を壊したり、水没させたり、なくしたりとか、一切なかったので、これは見えざるものからのお告げだと思ってさっさと帰りました。修理代が痛い!

 

 

欲しいものがわかってしまっているのは大変なんだろうなあと思う。何が欲しいのかわからない、なんとなくわかったとしても本当にそれが欲しいのかどうかがわからないあやふやな状態で日々を過ごしていくというのは一番穏やかなんだと思う。

 

音楽 音楽

井上陽水ってほんとうに天才。なんだか壮大なバージョン。キンモクセイかっこいいんだよーVJの感じが懐かしい。榎本加奈子を思い出します。アデル、ブルーは熱い色」を観て。

独り言 独り言

お風呂に入ったら耳に水が入って、まだ取れない。。
いつぶりだろうこの感覚…

気付けば6月も半分以上過ぎて、7月目前です。うちの会社は7月ボーナスなのでそれだけが楽しみ。あとは夏だから辛い。最近の周りの人がみんな夏が好きでびっくりする。びっくりするほどみんな夏が好き。「好きな夏の匂い」っていう話題になって(なぜだろう)、蚊取り線香とか、日焼け止めとか、アスファルトに雨が降ってもわっとするのとか、みんなとにかくいろいろ挙げてたけど、まっっったく共感できず、しいて言うならば「夏休みの図書館」だなあと思ったんですがそれ匂いではないしね!あとは夏祭りの屋台の匂い?たべものじゃん!夏がなくなったら良いとまでは思わないけれど、ちょこっと楽しめればそれで十分、一瞬海とか、夜に外でアルコールとか!桃も食べたい。東京の夜は、全然温度が下がらなくて耐えられません。あと何しろ蚊が嫌い!7月8月と9月前半ぐらいで、すっぱり終わってほしいのが夏です。

随分前になりますが、五十嵐さんのライブもさりげなく運よく行けたのでした。ただもう私は、「例のごとくなTシャツ」の物販には並ばないオトナ!になっていたので、五十嵐さん禿げたりふとったりしてなくて良かったというのが第一で、シロップの曲をやろうがやるまいが、メンバーが大樹ちゃんやマキリンであろうがあるまいが関係なく、ただただ彼が作る音楽の魅力を再認識した夜だったのでした。あんな綺麗なメロディ他に誰がかけるの、ってことですよ。観客の独特な空気に懐かしさも感じるとともにげっそりしたけど、音楽は純粋にいまでも素晴らしいと思える。またぜひライブがみたいです。そんな私は大人になりました!ちょっと。

耳の水がとれない。。はてなブログってなんですか!

Kimbra

音楽

MUSIC VIDEO、めちゃくちゃかわいい!かわいすぎる。ライブアレンジ。これもまたよい。ラフなファッションもかわいい。映像ちゃんと編集してあるのね。

読書 読書

吉本ばななの対談集『FRUITS BASKET』を読む。20年以上前のもので、古本屋で何気なく手に取った。その中に内田春菊との対談があって、

漠然とした不満みたいなものを、表面に出さないでほしい。それって、ちょっと悲しいことだなと思う。

という発言が。ぐさっ。