読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめ

さっきみた夢(ひるね…)が、何度かみたことあるような気がする。細かい部分は多少変わってると思うんだけど。。。ていうかそもそもデジャヴ的なものなのかな?何度もみたような…というそのへんも曖昧です。映画とか小説にでてくるのかな。。。以下、内容です。

私は学校のようなところにいる。おそらく…中学校くらい?好きな男の子(誰かは不明でたぶん実在じゃない)と手紙交換をしているらしい。男の子からの手紙を直接にではなく、指定の場所から受け取って、読んでいる。他愛もない内容がかかれている。しかしその裏に、下手な人間の顔の絵が鉛筆で書いてある。め・はな・くちぐらいの中途半端で未完成な状態。さらにその下に、「ごめん」という文字が消してあるのだがうっすらと見える。そのまた下に、はっきりとした男の子の字で、「昔、友達の顔を描きましょう、という授業があって、でもまったくうまく描けなくて、自信がなくて、こんな状態で渡したんだ。」といった内容。さらに一番印象に残っているのが、そのあとの「(もらった子は)どんな気持ちだったんだろうなあ」という一文。それで終わる。

なんか忘れたくなかったので、とりあえずめもっておきます。初めてみた気がしないのです。でも最近ではないなあーずっと前。